HOME>注目記事>京都で経験やスキルを活用して貿易事務に役立てよう

経験や資格を活用しよう

貿易事務の仕事は、様々な経験やスキル、資格を活かすことができる仕事と言えます。まずは活かせることについてチェックしてみましょう。

貿易事務のメリット

多様なスキルが身につく

貿易事務は業務内容が幅広く、事務仕事だけでなく取引先とのコミュニケーション能力やスケジュール管理など様々な業務を総合的にこなしていく職種となります。なので、日々の仕事を通して多くのスキルを身につけることができます。コミュニケーションスキルやパソコンのスキルはもちろんですが、語学力や貿易についての専門知識、事務処理スキルやスケジュール管理スキルまで、どこの職場でも役にたつスキル全てを身につけることが可能です。

経験や資格を活かすことが可能

貿易事務の仕事は英語のスキルや資格があればそれも活かすことができます。また、接客業での経験や一般事務での経験も大きな強みとして活かすことが可能です。

キャリアアップしやすい

貿易事務は仕事を通して多くのスキルや資格を取得することで、キャリアアップがしやすくなります。また、転職の際においても経験とスキルが最大の強みとなるので、好条件の仕事にも就きやすくなるというメリットがあります。

貿易事務とは?

医師と女性

貿易事務の仕事内容は海外の取引先との輸出や輸入などに関連する事務職となります。なので、基本的には英語のコミュニケーションスキルが必須となります。やり取りする書類なども英語表記のため、ライティングやリーディングスキルも必要です。業務内容は引先との電話連絡やメールチェックでの確認などです。また、発注書の作成やその他の書類作成、書類送付などが主になります。また、輸出担当と輸入を担当する場合では業務内容が異なってきます。輸出を担当する場合は、通関や運送の手配に関連する業務も扱うことになります。

未経験でも始められる?

パソコンを操作する女性

京都で貿易事務の仕事に就きたい場合、未経験でも始めることができます。実務経験や特別な英語スキルがなくてもまずはアシスタント業務から始めて経験を積んでいくことが可能です。アシスタント業務の内容としては、英文のデータ入力や、簡単なメールチェックなどを行っていきます。貿易事務に向いている人の条件としては、海外の企業や取引に関する仕事に興味がある人や専門性の高い事務仕事をしたい方、国際物流や積極的なコミュニケーションを活かした仕事がしたい人などが向いています。また、海外での留学経験や仕事経験がある人にも始めやすい仕事になります。